オーディオ商品

RPA-MG5ST

音楽性あふれた究極のアナログサウンド。D級アナログアンプの世界最高峰との評価を頂きましたモノーラル・パワーアンプ RPA-MG1 を継承し、世界中の多くのお客様からリクエストをお寄せ頂いておりました待望のステレオ・パワーアンプ RPA-MG5ST を発売いたします。

主な特長

アンプは楽器〝音色〟

アンプと一体になった「スプルース材」のウッドパネルが豊かで自然な響きを再現します。スプルース材は、バイオリンの響板につかわれている素材で、音楽信号とともに振動し、美しい音色を奏でます。
インシュレーターにはカエデ材を使用し、その先端にはヒッコリー材を埋め込んだハイブリッド構造になっています。

余裕ある〝音圧〟

電源部と本体部を別筐体にしたステレオ・パワーアンプには800VAの大型Rコアトランスを採用。パワフルで高純度なエネルギーがスピーカーを強力に駆動します。空気をグリップする「音圧」こそが、楽器の発音エネルギーそのものなのです。

小さなFETが音楽をシンプル&直接的に増幅

シンプルで小さな回路だからこそ、ハイ・スピードでクリアーな音色を実現します。熱をほとんど発生しないD級PWM方式だから実現できたポイントです。

ピュア・ダイレクトシステム

スペックのパワーアンプはアナログ電子アッテネーターとアナログPWM方式のD級パワー段を組み合わせたシステムで、配線長が最短となり、微小信号を失うことなく伝達・増幅し、スピーカーを駆動することが出来ます。この微小信号こそが、音色表現の主役なのです。

NeutralとRich。選べる音色。

(1) Neutral : MG5ST の基本の音で生の音に近い音色
(2) Rich : 心地よく洗練された音色

この選択は従来のトーンコントロール方式とは異なり、周波数特性を変えるのではなく、個々の部品が持つ共振特性を切り替えているのです。


正面(左:アンプ部、右:電源部)


背面(左:アンプ部、右:電源部)

仕様

アンプ部
最大出力 300W×2(4Ω), 150W×2(8Ω)
周波数特性 10Hz〜30kHz ±1db
ライン入力端子 XLR 入力:1系統
RCA アンバランス入力:1系統
電源部
電源電圧 100V AC, 50Hz/60Hz
その他
外形寸法 電源部・・450mm(幅)×180mm(高さ)×440mm(奥行)
アンプ部・450mm(幅)×180mm(高さ)×455mm(奥行)
質量 電源部・・・・27kg
アンプ部・・・18kg
↑page top