音の追求ではなく“音楽”を追求する人へ

リアルサウンド DAコンバーター

RMP-DAC1

7月下旬発売予定

リアルサウンド DAコンバーター RMP-DAC1

弊社、スペック株式会社は、お蔭様をもちまして、創業12年目迎えることができました。昨年は、新たなチャレンジといたしまして、LANネットワーク経由で高音質伝送を実現する通信プロトコル 「Diretta」 を搭載したUSB Bridge RMP-UB1を発売いたしました。ファイル オーディオ プレーヤー をご愛用のお客様から、音質面で高い評価をいただきました。この度、ファイル オーディオ プレーヤー をご愛用のお客様に向けて、自然で音楽性溢れる リアルサウンド DAコンバーター RMP-DAC1を発売いたします。

主な特長

DACにはSNR 128dB(THD+N:-116dB)の性能を誇る旭化成エレクトロニクス製「VELVET SOUND AK4497EQ DAC」を搭載。サンプリングレートは最大PCM 32Bit 384kHz、DSD Native 256に対応。ダイナミックで高解像度の音質を再現します。

USB段にはLDO超低ノイズ定電圧ICを用いたグラウンドカットのアイソレート回路構成とし、パソコンからのノイズ流入に配慮しました。

アナログ電源部には、オーディオ専用でソース機器用(小容量)に新規開発された、ニチコン社製の電解コンデンサー『響一(ひびきいち)』を搭載。さらに、電源を別筐体とし、トランスからのノイズを完全に遮断することで、繊細な音質と空間表現が実現します。

スペックのアンプで培った、響きの美しい天然木を用いた底面構造を採用。ウッドスパイクには、北海道産のイタヤカエデを使用し、中央部にヒッコリーを埋め込んだハイブリッド構造になっています。接地面は球状になっていて、筐体全体を点で支えることで、「音楽を奏でるボディーの構造」を実現しました。

音創りのコンセプト

「リアリスティックなサウンドが一番美しい」
だからこそ、我々は最高の音楽性を目指しているのです。
リアリスティックなオーディオ再現を実現するために、重要となる要素の一つが、「リアリスティックな音色の再現」です。
バイオリンはバイオリンらしく、オーボエはオーボエらしく鳴らなくては、「演奏」に込められた音楽表現を伝える事ができないのです。

そのためには、録音されたオリジナルソースの情報を、変質させず、損なうことなく再生するという設計思想が重要です。
生の楽器の音色は幾重にも絡み合った微小な高調波によって構成されているので、その再現が音楽性に直結します。
RMP-DAC1は、様々な楽器のオリジナルの音色表現、特に微小な信号の自然な再現を大切にすることで、演奏家の音楽性を余すことなく引き出します。

“リアルサウンド” を実現するための細やかな配慮

より一層リアリスティックなサウンドを再現するためにコンデンサーをセレクトしてブレンドしています。

自然な響きを引き出すために当社とニチコン(株)とのコラボレーションで開発され、当社のアンプにも使われているコンデンサーが「響一」です。 (写真の一番右)
この「響一」に加えて、RMP-DAC1用に新規開発した 「響一-56」 を搭載しました。

エネルギッシュな表現力を実現するRコアトランス

専用のRコアトランスが、出力段への駆動電流を余裕をもって供給します。

Rコアトランス

ダイオード ブリッジ 整流回路

音楽を奏でるボディーの構造

DAコンバーターは、繊細な信号をアナログに戻す機器です。
微細な信号をフレッシュにアナログ化するために、RMP-DAC1は、電源部分を別筐体としています。
そして、底面に取り付けられたウッドパネルは、バイオリンと同じスプルース材で出来ています。スプルース材は比較的柔らかい 素材で、音楽信号とともに振動して、豊かな音色とエネルギー感を再現します。
また、カエデ材のインシュレータのセンターにはヒッコリーを埋め込んで RMP-DAC1を支えています。

仕様

入力端子(各1系統)
AES/EBU MAX PCM 24Bit/192kHz
COAXIAL MAX PCM 24Bit/192kHz
OPTICAL MAX PCM 24BIT/192kHz
USB B MAX PCM 32Bit 384kHz, DSD Native 256, DoP 128
(入力ソースが、PC または スマートフォンの場合/OTG Cable 使用時)
USB A MAX PCM 32Bit 384kHz, DSD Native 256, DoP 128
(入力ソースが、PC または スマートフォンの場合/OTG Cable 使用時)
出力端子
Balanced XLR (Fix out) MAX 3.0 Vrms
Unbalanced RCA (VAR / Fix out) 2.5 Vrms
その他
外形寸法 本体部: 215mm(W) × 80mm (H) × 299mm(D) 端子含む
電源部: 215mm(W) × 120mm (H) × 273mm(D)
電源電圧 AC100V 50Hz/60Hz
消費電力 30W
質量 本体部 3.0kg、 電源部 4.0kg
JANコード 4560449500388

正面(左:電源部、右:本体部)

背面(左:本体部、右:電源部)

Diretta USB Bridge RMP-UB1との組み合わせのご提案!

通信プロトコル 「Diretta」 により高音質伝送された楽曲データーを、リアルサウンドで再現いたします。

RMP-DAC1は、RMP-UB1と組みあわせることで、更にリアリスティックなサウンドに近付く事ができます。

デジタル信号は、DAコンバーターによってアナログ変換されます。
この変換において、デジタル信号のノイズがアナログ信号に及ぼす影響は、小さいものですが、ゼロではありません。
RMP-UB1は、この変換におけるノイズの影響を最小限に抑える事が出来るのです。
それはノイズフィルターではありません。デジタル伝送を途切れなくスムーズに行うことで、ノイズのレベルを下げているのです。
このノイズは、オーディオ機器の仕様に書いてある静的なSNとは異なり、音が実際に鳴っているときに現れる動的なSNです。
この動的なSNは、音楽の中の微小な信号をスポイルして、楽器の繊細な音色を埋没させているのです。
Diretta RMP-UB1は、ノイズフロアを大きく下げるので、それまで隠れていた音色表現が浮き上がる効果を実感することが出来ます。
それこそが、リアリスティックなサウンドなのです。

関連情報