オーディオ商品

ステレオ・プリメインアンプ RSA-F1

SACDプレーヤーRMP-888CDは、当社のリアルサウンド・アンプとの組み合わせに最適なSACDプレーヤーです。リアルサウンド・アンプと同様の設計思想により、圧倒的な情報量と豊かな音楽性を備えた、躍動感あふれる音楽を再現します。
特にサイドに木を用いたデザインとコンパクトなボディーは、リアルサウンド・アンプRSA-888とベストマッチとなります。

主な特長

当社のリアルサウンド・アンプに最適な高音質設計

音質設計にあたっては、当社のリアルサウンド・アンプをリファレンス機にして試聴を繰り返し、この組み合わせによる最適な高音質を実現しました。

  • リアルサウンド・アンプと同等の高音質部品を多数使用しました。アンプ同様に、オイル・コンデンサー、マイカ・コンデンサー、高品質電解コンデンサー等の音質部品を吟味し搭載、全帯域にわたる情報量の多さ、解像度の高さ、S/N感の良さを達成しました。
  • 高音質再生に必須な最高クラスのDAC(192kHz/32bit)を採用、ハイスペックの高音質ソースを忠実に伝送します。
リアルサウンド・アンプRSA-888と同様の高品質外装によるコンパクトデザイン

リアルサウンド・アンプRSA-888と同様の質感の高いアルミパネル、ロック付きパワースイッチ、スプルース材とカエデ材のハイブリッドによるサイドパネル・インシュレーター等を採用。外観、仕上げの美しさだけでなく、振動対策などを施し、音質面にも十分に配慮しました。
また本機のサイズは横幅350mm、高さ95mmとRSA-888と同サイズで、デザインもマッチします。

リアルサウンド・アンプと同期したリモコン

付属リモコン

本機と当社のリアルサウンド・アンプ(※)を接続すれば、本機のリモコンでアンプのボリュームをコントロールすることができます。またこのリモコンの「PURE」ボタンを押すと、デジタル音声出力系が遮断され、より高音質なアナログ出力の再生が可能となります。

(※)対象機種(2014年10月現在): RSA-F11,RSA-F1,RSA-M5,RSA-M1,RSA-V1DT,RSA-V1,RSA-888

多様な音楽メディアにも対応

SACD、DSDディスク等の高音質メディアの再生だけでなく、USBメモリーや携帯音楽プレーヤーなどの再生も可能です。

主な仕様

再生可能ディスク SACD(2ch)/CD/DSD ディスク
再生可能ファイル(USBポート) MP3/MPEG 4 AAC/WMA
音声出力レベル(2ch) 200 mVrms(1 kHz、-20 dB)
出力端子 RCA 端子×1 /光デジタル端子×1/同軸デジタル端子×1
周波数特性 CD :2 Hz~20 kHz SACD :2 Hz~50 kHz
S/N 比(JEITA) CD:117 dB SACD:117 dB
ダイナミックレンジ CD :100 dB SACD: 108 dB
全高調波歪率 CD :0.0022 % SACD: 0.0020 %
ワウ・フラッター 測定限界以下(±0.001 %W.PEAK)
電源 AC 100 V、50 Hz/60 Hz
消費電力 38 W(待機時 0.45 W)
許容動作温度 +5℃~+35℃
許容動作湿度 5%~85%(結露のないこと)
本体質量 7.0 kg
外形寸法 350mm(幅)× 95mm(高さ)×360 mm(奥行)

リモコン付属

↑page top